カブ隊春の舎営 – 1日目(2021/04/24-25)

Pocket

2021/04/24(1日目)

2019年度冬、2020年度夏とコロナのため、2度にわたって中止になったカブ隊の舎営。ようやく実施することができました。

2019年度の夏は50周年記念の団キャンプだったため、カブ隊単独での舎営は約2年ぶりです。

準備しては延期を繰り返した指導者にとっても、今回の開催は感慨深いものとなりました。

思いが通じたのか、当日は晴天に恵まれ、スカウトも全員万全な状態で集合です。
コロナ対策で、移動はバス。

予定よりも早く到着。
場所は、「三郷小見川青少年自然の家」です。
(館内では、ウーパールーパーが待ってくれていました)

開村式のあと、ソーシャルディスタンスで腹ごしらえ。

さっそく第一隊集会、ウォークラリーの開始です。

コマ図を見ながら歩き、チェックポイントで謎を解きます。
各組に別れ、グループ全員で考えるため、チームワークも必要になります。

スカウトはこのコマ図を頼りにゴールを目指します。

こちらは、全体マップ。
(この全体地図はスカウトには配布されません、コマ図のヒントのみで進んでいきます)

川には白鳥がいました。

そして、これは4年前の写真。ん?デジャヴ???

 

チェックポイントでロープワークのテスト

道中で記念撮影。
みんなのチームワークで2組とも無事ゴールです。

予定よりも早く進んだので、体育館でみんな大好きドッヂボールをしました。

後半は、大人たちも参加。
いつの間にか、大人たちも倒せる強豪チームとなっていました。
大人たちはヘロヘロです。。。
う〜ん、強い。。。

各部屋に戻ってベッドメイキング。
自分で寝る場所は、自分できれいにします。

夕食。
一生懸命歩いて、一生懸命走ったので、みんなお腹ペコペコ。
たくさん召し上がれ!

ここでもコロナ対策で、ソーシャルディスタンスです。

夕食後の第二隊集会は、天体観測。
プラネタリウム室に移動して、鑑賞しました。


プラネタリウムを見た後は、実際に天体望遠鏡を使って月の観測。

望遠鏡では月のクレーターまでハッキリ見えて、大感動でしたね。

2日目へ続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です