Pocket

翌日。

6時起床。

朝食の御飯を焚くために、再びたちかまどを使います。

 

朝食、朝礼を済ませ、本日は国旗掲揚の学習です。

 

ちょっと休憩&昼食。

昼食後は、火起こしにチャレンジ。

木の枝、新聞紙を使い火を起こし、麻紐が切れるまでの高さまで火を起こせるか勝負です。
新聞紙2枚、マッチ棒3本までという縛りでスタートしましたが、あっという間にみんな使い切ってしまいました。

 

 

新聞紙だけの初回の火力だけでは、麻紐を切るまでの火力は持ちません。
充分な火力を維持するためには、いかにうまく木の枝を組み立てるかがポイントです。
これはいっただろうと思っても、風向きが悪さをして失敗するというようなことも多々ありました。
木の枝の選別も重要な点です。前日の雨により湿った木が多かったようで、なかなか火が付きにくかったようにも思えます。

  

  

大人たちも夢中になっていました。

 

みんなうまく火を起こせたかな?

   

最後に、この野営場を貸していただいた千葉6団の方々にお礼を言いました。

 

いつも野営地の利用にご協力いただき、本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です